さばのリエット | Wine365

365 item

7. December 2016

さばのリエット

さば缶を使うと、ここまで手軽!
レモンを効かせて爽やかに

 

<材料 作りやすい分量>
国産さばのオリーブオイル漬け(固形分) 150g
A バター 50g
 オリーブオイル 大さじ2 
 レモン汁 大さじ1/2
 ケーパー 大さじ1/2
 マスタード 小さじ2
 塩、こしょう 少々
 バゲット、レモンの皮、粗挽き黒こしょう 各適量

 

<作り方>
1 さばは皮、骨、血合いをとり除き細かくほぐす。ケーパーは粗く刻む。バターは室温に戻しておく。
2 1とAの材料をなめらかになるように混ぜ合わせる。
3 レモンの皮をおろしたもの、粗挽き黒こしょうをふり、バゲットなどに添えていただく。

 

 

Wine365のお取り寄せ
1201-2_at2q5201
国産さばのオリーブオイル漬け 2,400円(税別)
(ナチュラル3缶、レモンバジル3缶 専用箱入り)

 

フランス語の元気? Ça va? とさばをかけたネーミングのさば缶。ごろっとしたさばをシンプルに味付けし、オリーブオイル漬けしてあります。通常、さばのリエットを作る場合には、香草や白ワインを入れたクールブイヨンで生のさばを煮るという、丁寧な下ごしらえが必須なのですが、このおいしいさば缶を使えば、ただ他の材料と混ぜ合わせるだけでOK。リエット以外にも、サラダ、パスタはもちろん、そのまましょう油をちょっとかけるだけでも、おいしいワインのつまみに!新発売のレモンバジル味とセットで。


販売価格 2,400 円(税別)

数量

合わせたい Wine

合わせたい Wine

バーキングオウル・シャルドネ

商品番号:365-57

ミルブルックワイナリーは西オーストラリアの州都パースから南東へ50分という非常に近くに位置し、ジャラデールという歴史ある町にあります。ワイナリーはジャラの原生林に囲まれた「チェストナッツ・ファーム」と呼ばれる農園(栗園)の中にあり、まるで絵に描いたように美しい風景が広がっています。1860年に創始者のジョセフ・バットが果樹園を始め、その時にぶどうの木を植えたのが始まりでした。今日「チェストナッツ・ファーム」とミルブルック ワイナリーは120haになり、ピーター&リー・フォガティーが経営しています。標高が高いこともあり近くのスワンヴァレーよりも10~20日もゆっくりと熟すので酸と糖度のバランスがよい高品質のぶどうが作られます。自然環境を守るため、統合的な害虫、害獣の管理、最少量の灌水などを実践しています。ぶどう畑は灌漑と生育を効果的に行うため起伏した斜面に植えられており、収穫量よりも品質を大切にした栽培が行われています。全ての剪定、収穫は手作業で行われます。味わいはドライで、いきいきとした酸が感じられます。ミディアムボディでリッチなメロンや桃、梅などの味わいがスパイシーなオークのバニリン(オークから出るバニラ風味)とうまく融合しドライなフィニッシュへと続きます。一部仏新樽で最高9ヶ月の熟成、1週間の澱との接触が複雑味や深みを構成しています。(Wine365セレクター唄淳二)

 


フレッシュなトロピカルフルーツ、メロン、ピーチが際立つ
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:西オーストラリア・パースヒルズ
ぶどう品種:シャルドネ100%
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 

販売価格 2,280 円(税別)

数量

よく見られているワイン365のアイテム

▲ TOP