苦瓜とさば缶のサラダ | Wine365

365 item

6. July 2017

苦瓜とさば缶のサラダ

エスニック風のドレッシングでいただく
夏ならではのパワーサラダ

 

<材料 2~3人分>
苦瓜 1本 
玉ねぎ 1/4個
さば缶 1缶
マヨネーズ 大さじ2
粗挽き黒こしょう 適量
香菜 1株
A ナンプラー、レモン汁 各大さじ1
    砂糖、水 各大さじ1/2

 

<作り方>
1 苦瓜は縦半分に切り、種とわたをかきだす。5㎜幅に切り、塩もみした後、水にさらす。玉ねぎはスライサーなどで薄切りにし、水にさらす。水気をしっかりと切る。
2 さば缶は油を切り、マヨネーズで和える。
3 1を器に盛り、混ぜ合わせたAをかけ、2、ざく切りにした香菜をのせる。粗挽き黒こしょうをたっぷりとふる。

 

Wine365のお取り寄せ
1201-2_at2q5201
国産さばのオリーブオイル漬け 2,400円(税別)
(ナチュラル3缶、レモンバジル3缶 専用箱入り)

フランス語の元気? Ça va? とさばをかけたネーミングのさば缶。ごろっとしたさばをシンプルに味付けし、オリーブオイル漬けしてあります。リエットやサラダ、パスタはもちろん、そのまましょう油をちょっとかけるだけでも、おいしいワインのつまみに!レモンバジル味とセットで。


販売価格 2,400 円(税別)

数量

合わせたい Wine

合わせたい Wine

泡&ロゼ&白ワインセット

商品番号:365-set41

ロゼ・コート・デュ・ローヌ ドメーヌ・ラ・ロッシュ・ビュイシェール

 

果実味たっぷりできれいな酸味もあるドライなロゼワイン。ピュアでジューシーですが甘ったるい感じがないので、様々なお料理に寄り添ってくれる万能型。ワイナリーはコート・デュ・ローヌ地区の南部フォコン村にあります。フォコン村の近くにある有名なワインとしてはヴァンソーブルやヴァケラスがあります。先代のピエールが1974年にこの地に農場を入手してぶどう、オリーブ、アプリコットの栽培を始めたのがこのワイナリーの始まりです。ピエールは農地を購入してすぐに「環境保全」を念頭に置いた農業を始めました。1980年代に入るとぶどう栽培専科へと移行しました。当初は栽培・収穫したぶどうは共同組合に売っていたので自身でワインの醸造はしていませんでした。その後、ピエールの息子で現在の当主アントワンヌが仕事を手伝うようになった1999年頃には所有するぶどう畑も増えたので、ワインづくりも自ら行う「ドメーヌ(栽培・醸造家)」として独立しました。アントワンヌはワイン産地とヴィンテージ(収穫年)の特徴を素直に表現するため、栽培や醸造に最大限の注意を払いながら純粋でおいしいワインをつくっています。(Wine365セレクター田中常博)

 

果実味豊かなドライなロゼワイン
種類:ロゼ
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・コート・デュ・ローヌ
ぶどう品種:グルナッシュ、サンソー、シラー、ムールヴェードル
栽培方法:ビオロジック
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2014
内容量:750ml


 

ミリアール・デトワール・ペティヤン ギャルリエール シュナン・ブラン、カベルネ・フラン

 

「10億の星」と名付けられたスパークリングワイン。使われているぶどう品種は、カベルネ・フランとシュナン・ブラン。黒ぶどうと白ぶどうを混ぜてつくるところはシャンパーニュとも共通です。色合いはゴールドを帯びていて、熟成した白ワインのようにナッツの香りがあり、またボディーもしっかりしています。産地はフランス・ロワール地方。製造方式は「メソッド・アンセストラル方式」になります。この製法は、発酵途中のワインを瓶詰めして、瓶の中で発酵を継続させながら泡立ちをコントルールしています。ちなみに、シャンパーニュは「メゾッド・トラディショネル方式(シャンパン製法)」という方法で、二次発酵を瓶内で行い、瓶内で発生した炭酸を液体に閉じ込めるやり方になります。「メソッド・アンセストラル方式」でつくられたスパークリングワインは通常ではガス圧が少し弱いのですが、このワインは、シャンパーニュやクレマンなどのシャンパン製法のワインに負けていません。このワインの生産者プルゾー氏は元はワイン商でしたが、1973 年にこの地を訪問した時にこの場所に一目惚れして購入を決定。丘に位置するすぐれた区画を厳選し、蔵の基礎を作りました。(Wine365セレクター田中常博)

 

熟成感のある香りとしっかりしたボディ

種類:スパークリング
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・ロワール
ぶどう品種:シュナン・ブラン50%、カベルネ・フラン50%
栽培方法:ビオロジック
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:NV(2015)
内容量:750ml


 

オーバー・ザ・レインボー・シャルドネ

 

ニュージーランドで活躍するキムラセラーズ の木村滋久氏が、2015年ヴィンテージをオーストラリア・カウラにあるウインダウリー エステートにて過ごし、醸造・ブレンドに携わり仕上がったワイン。絵本作家の谷口 智則さんがラベルを作成しました。オーストラリア・ニュージーランド・日本が虹の架け橋によって繋がり、出来上がったワイン。それが「オーバー・ザ・レインボー」です!樽熟成させずに醸造されたシャルドネは柑橘系、花、アプリコットや桃のような核果のある果物のアロマを漂わせます。味わうと洋梨や白桃が表れて混ざり合い、複雑味のある余韻と共に楽しめます。5%ほどブレンドされたソーヴィニヨン・ブランがシャルドネと調和しています。(Wine365セレクター唄淳二)

 

複雑な余韻を感じられる白ワイン
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:オーストラリア・カウラ
ぶどう品種:シャルドネ95%、ソーヴィニヨン・ブラン5%
栽培方法:低農薬
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 


販売価格 8,840 円(税別)

数量

よく見られているワイン365のアイテム

▲ TOP