紺野真のカリフォルニア、ワインを楽しむ旅 1 | Wine365

Article Wine 365

13. November 2016

紺野真のカリフォルニア、ワインを楽しむ旅 1

この11月、オルガンの紺野さんはカリフォルニアへオープンカーでドライブ旅行へ! 現地でワインや食をどんなふうに楽しんできたかを、3回に分けて紹介してもらいます。

 

01_14963452_10207561147611794_1740051614_o08_14971504_10207561180332612_1733404569_o

今回の旅は僕にとって実に16年ぶりのカリフォルニアだ。僕は高校を卒業してすぐ、18歳の時に父の仕事の関係でL.A.に移住した。1989年の事だ。それから10年間をL.A.で過ごした。だから僕にとってL.A.は第2の故郷みたいなものだ。
L.A.を離れて大分経ったけど、僕の心の片隅にはいつもL.A.が存在していた。仕事の関係でフランスに行く事が多かったが、僕のスタイルの原点はきっとL.A.なんだろうなとどこかで思っていたふしがある。久しぶりのL.A.だ。今回は仕事の事は忘れ、原点回帰の旅を楽しむ事にした。
実は今回の旅で、どうしてもやりたい事があった。それを説明するには、友人のサトシ君の事を少々書いておかないといけない。サトシ君は、向こうで僕が最初に仲が良くなった人物だ。そして僕は今でもサトシ君を、ベストフレンドの一人だと思っている。サトシ君は僕と同い年で、同じカレッジに通っていた。当時、僕もサトシ君もお金は持っていなかったけれど、時間と夢だけはたくさん持っていた。サトシ君はワーゲン社のラビットというオープンカーに乗っていた。古い中古車だったけれど、実によく走る車で、彼の車に乗ってドライブするのが、僕等の日常的な時間の過ごし方だった。ほろを全開にしてL.A.をドライブするのは本当に最高の気分だった。季節なんか関係なく、冬でも屋根は開けっ放し。暖房をがんがんかけて、海辺や景色のいい山道をひたすら走りながら、好きな女の子の話とか、将来の夢なんかを延々と語り合ったものだった。僕にはその時間が最高に気持ちよかった。一番いいL.A.での思い出の一つだ。日本に戻ってからは、いつかまたオープンカーでカリフォルニアを走ってみたいと考えていた。だから今回の旅は、ちょっとキザに聞こえるかもしれないけれど、オープンカーでカリフォルニアをドライブしたのだ。
(写真左)L.A.近郊のビーチの中でも、最も有名なビーチの一つ、ベニスビーチ。
(右)今回レンタカーしたマスタング。アメリカはレンタカーが本当に安いし手軽に借りる事ができてびっくり。大きな岩で有名な小さな街、Morro Bayモロベイにて。

 

04_14971015_10207561164412214_1474542367_o09_15008036_10207561242054155_872034592_o

(写真左)L.A.のAbott Kinnyの「Gjelina」という名のオーガニック野菜料理が有名な人気レストラン。ケールのサラダや、写真のアーティチョークのソテー、鶏のローストなどを注文。ワインは軽めがいいなという事で、ボジョレーのムーラン・ナヴァンのガメイを選択。次から次と客足の途絶えない人気スポットで、今時のL.A.の雰囲気を堪能した。

L.A.からサンフランシスコへ向かう海岸線には北はカナダから南はメキシコまで続いているPacific Coast Highway、通称P.C.H.と呼ばれる国道1号線が走っていてアメリカが世界に誇る美しい景観が広がっている。ゆっくり景色を眺めながらドライブした。
(写真右)カーメルから山の奥に少し入ったあたりにある「Bernardus Lodge & Spa」 に宿泊。ワインもつくっているホテルで、優雅な気分になれる。朝食は、妻はパンケーキに僕はエッグズベネディクト。エッグズベネディクトが2個というところがいかにもアメリカらしい。ワインはもちろんBernardus のソーヴィニョン・ブラン。こちらはストレートに果実味が出たタイプで、陽気でピチピチした雰囲気のワイン。陽があるうちに飲むには最高。シャルドネもつくっているんだけど、シャルドネの方は樽が効いていて本格的。夜にまったりと飲みたくなるようなタイプ。

 

12_15033937_10207561280735122_903988236_o13_14963540_10207561341616644_528786333_o

名店「Chez Panisse(シェ・パニーズ)」へ。歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気。テーブルに着く前にバーでロワールのグロロをいただく。グロロって軽くて透明感があるものが多くて、乾いたのどを潤すには最高。シェ・パニーズの料理は奇をてらうことなく、アプローチもとてもシンプルだけど、料理はどれも上品な仕上がり。塩梅が素晴らしく、素材の良さが伝わってくる。もしバークリーに住んでいたら、記念日はここに決めてます、みたいな使い方をしたくなるような温かいお店でした。メインの羊のローストにはソムリエさんにペアリングしていただき、スペインのDominio do Bibei Lalama(ドミニオ・ド・ビベイ・ララマ)のメンシアを。温かい印象の料理には、温かい地方のワインがぴったりとくる。このワインも樽香などは控えめで、素材重視のシェ・パニーズの優しい料理にすっと寄り添っていた。

 

 

 

紺野真

三軒茶屋「uguisu」西荻窪「organ」店主

三軒茶屋「uguisu」西荻窪「organ」店主。著書は『なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピ〜隠れた人気店ウグイス&オルガン自慢の50皿〜』(サンマーク出版)。
好きなワイン 動くワイン。つまり、抜栓してグラスに注いでから刻一刻と表情を変えていくワインが好きなんです。 
好きなつまみ シェーブルチーズ+フレッシュタイム+はちみつ

よく見られているコラム

▲ TOP