岩﨑牧子のおいしい器 | Wine365

Article Wine 365

30. November 2016

岩﨑牧子のおいしい器

一人飲みの時間に彩りを添えてくれるのが、お気に入りの器。器好きのスタイリスト、岩﨑牧子さんがワインと一緒に楽しみたい器とおつまみを紹介します。

 

at2q5242


1 船串篤司さんのシルバープレート×チーズ&柿

今回はプレートをチーズボードとして使う、をテーマに。
錫のプレート?と思わせる質感ですが、陶器なのです。茨城県笠間市にアトリエを構える船串篤司さんのプレートです。銀彩で彩られているので、使用していくことで銀色が経年変化し、味わいがでてきます。この淵のみに立ち上がりのあるデザインも、ボードとして使うのに適しています。シルバーのプレートと落ち着いたグレーのクロスでモダンなスタイルにしてみました。
プレートにはモルビエチーズと柿をのせて。チーズ断面の黒い線(炭)がアクセントになっています。風味豊かでやさしい味わいのチーズには、コクのある白ワインが合いそうです。フルーツは柿のほかに、季節のものでも。器の上での食材の組み合わせも楽しめたらいいですね。

 

Photo:Takeharu Hioki  Cooking:Yukiko Hirano

岩﨑牧子

フード&インテリアスタイリスト

フード&インテリアスタイリスト。独自のセンスが光るもの選びとスタイリングで、雑誌や書籍、広告などで活躍中。器好きで、自宅のコレクションも日々、増加中。
好きなワイン さらっとしてるのに味わい深い白。ペティアン。
好きなつまみ チーズ、桃の実のピクルス

よく見られているコラム

▲ TOP