岩﨑牧子のおいしい器♯3 | Wine365

Article Wine 365

18. January 2017

岩﨑牧子のおいしい器♯3

2M2A3471 のコピー

 

3 田澤祐介さんの蒔地のプレート×大根のカルパッチョ

 

漆の器はかしこまった感じがして、普段なかなか使えないイメージがあるとよく聞きます。
この漆のプレートは、蒔地という技法に白漆をしたもの。見た目はまるで、陶器のようです。表面はざらっとしていて、持ってみるととても軽い。それでいてしっかりしていて丈夫なので、普段使いにも向いています。
プレートには3種の大根のカルパッチョをのせて。何となくブルーがかった色は、白と緑の食材をきれいに見せてくれました。みずみずしい大根とブルーチーズの塩気が白ワインに合います。
扱いやすく、どんな料理にも合わせやすいこの器。今のライフスタイルにぴったりなのではないでしょうか?

 

 

Photo:Takeharu Hioki    Cooking:Yukiko Hirano

岩﨑牧子

フード&インテリアスタイリスト

フード&インテリアスタイリスト。独自のセンスが光るもの選びとスタイリングで、雑誌や書籍、広告などで活躍中。器好きで、自宅のコレクションも日々、増加中。
好きなワイン さらっとしてるのに味わい深い白。ペティアン。
好きなつまみ チーズ、桃の実のピクルス

よく見られているコラム

▲ TOP