葉山考太郎のワインお悩み相談室♯4 ~ワインを悪用して、恋愛を成就させる手練手管の全て~ | Wine365

Article Wine 365

25. February 2017

葉山考太郎のワインお悩み相談室♯4 ~ワインを悪用して、恋愛を成就させる手練手管の全て~

 

質問1

入社1年目の会社員です。ロマネ・コンティを使って彼女にプロポーズしたいのですが、アドバイスをお願いします。冬のボーナスをはたいて、世界最高価格のワイン、ロマネ・コンティを彼女にプレゼントし、彼女が感動しているドサクサにまぎれてプロポーズしたいと計画しています。近くのワイン・ショップに行っても、ロマネ・コンティは見かけません。どこで買えばいいでしょうか?(23歳、男性、生保系)

 

回答1

夢がいっぱいで羨ましいですね。でも、まず、現実を直視しましょう。入社1年目の冬のボーナスは、多くても15万円ぐらいでしょう。税金、厚生年金など、なんのかんのと差し引かれて、手元に残るのは10万円ちょっと。一方、世界で圧倒的に高価なロマネ・コンティは、平均価格が1本150万円。質問者様は、ママチャリの価格でフェラーリF12ベルリネッタを買おうとしている「勇者」です。幸運を祈っています……と、フツーの「人生相談」なら、ここで終わりですが、「苦しい恋愛をワインで成就させる」がモットーのこの『ワインお悩み相談室』では、最後まできちんとサポートします。

まず、質問です。彼女はワインに詳しいですか? 「いいえ」なら、望みはあります。「ロマネ・コンティ」には、2つの意味があります。「世界一高価な赤ワイン」と、「それを作っている生産者」です。紛らわしいので、ワイン業界では、生産者をDRC(Domaine de la Romanee Contiの略称。どえらくリッチなカンパニーの略でもあります)と呼びます。DRCは、全部で以下の9種類のワインを作っています(高価な順)。

 

(1)ロマネ・コンティ           平均価格150万円

(2)モンラッシェ(世界最高価格の白)   平均価格60万円

(3)ラ・ターシュ             平均価格40万円

(4)リシュブール             平均価格30万円

(5)ロマネ・サンヴィヴァン        平均価格20万円

(6)グラン・エシェゾー          平均価格15万円

(7)コルトン               平均価格13万円

(8)エシェゾー              平均価格11万円

(9)ヴォ―ヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ  平均価格10万円

 

この9種類の中で、買うべきは下から2番目に安い(とはいっても非常に高価)エシェゾーです。9種類のワインは、全て、ラベルの雰囲気がそっくりですし、右上に「Domaine de la Romanee Conti」と印刷してあります。もちろん、エシェゾーにも書いてあり、この部分を彼女に見せながら、「ほら、ロマネ・コンティのワインだよ」と言いましょう。「ロマネ・コンティだよ」ではなく、「ロマネ・コンティのワインだよ」と言うところがミソです。エシェゾーは、ロマネ・コンティ社が作っているワインです。どこにもウソはありません。彼女が、「キャー、本当にロマネ・コンティ―だぁ、ありがとぅ」と大感動して質問者様に抱きつき、冷静に考える力がなくなっている内に、プロポーズしましょう。で、「はい、よろこんで」との返事をもらったら、即座にコルクを抜いて飲んでしまうんです。空ボトルはそこらへんにさり気なく転がし、翌日、燃えないゴミの日に素早く捨てましょう。彼女の記憶には、白地に黒文字が凛としたラベルの残像が残り、本物の「ロマネ・コンティ」を見ても、完全に重なるはずです。

ここで、質問者様は疑問に思うでしょう。「安いのでイイなら、最廉価のヴォ―ヌ・ロマネ・プルミエ・クリュでいいんじゃないんですか?」 確かにもっともな選択ですが、問題が2つあります。1つ目は、他の8種類に比べるとラベルに文字が多すぎて少し雰囲気が違うこと。記憶力がいい彼女なら、バレてしまいそうです。2つ目は、2、3年に1回程度しか生産しないため、入手が困難なことです。一方、エシェゾーは、お金さえ出せば通販で簡単に買えます。「エシェゾーを悪用したプロポーズ大作戦」が大成功するよう祈っています。

 

 

 

 

illustration:Tetsuro Sakaki

葉山考太郎

ワイン・ライター

シャンパーニュとブルゴーニュとタダ酒を愛するワイン・ライター。ワインの年間純飲酒量は400リットルを超える。これにより、2005年、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエを授章。「30分で一生使えるワイン術」(ポプラ新書)など著書多数。

好きなワイン

1番はタダ酒、2番目はブルゴーニュとシャンパーニュ。3番目は千円未満のワイン

好きなワインつまみ
たこ焼き、明石焼き、お好み焼き、蕎麦汁、ハムかつ、牡蠣フライ、海老フライ

よく見られているコラム

▲ TOP