岩﨑牧子のおいしい器#5 | Wine365

Article Wine 365

15. March 2017

岩﨑牧子のおいしい器#5

 

5  ピーター・アイビーさんの重箱×手まり寿司、野菜の昆布じめ

 

重箱というと、漆をイメージしがちですが、こちらはガラスと木。
富山に工房をかまえるアメリカ出身のピーター・アイビーさんが、木工作家の井藤昌志さんに木枠をオーダーしてつくられた作品です。

ほんのり色味がかったガラス、中には小さな気泡。懐かしさを感じる質感。

なんともいえない佇まいに、すぐに惚れこんでしまいました。
使い方はいろいろですが、今回は春を詰め込んでのお花見をイメージ。上の段には菜の花とミモレット、たけのこの手まり寿司、下にはアスパラガスとれんこんの昆布じめ。下の段が透けて見えるのも新鮮。
和菓子や、おせちにも似合うはず。

 

Photo:Takeharu Hioki  Cooking:Yukiko Hirano

 

岩﨑牧子

フード&インテリアスタイリスト

フード&インテリアスタイリスト。独自のセンスが光るもの選びとスタイリングで、雑誌や書籍、広告などで活躍中。器好きで、自宅のコレクションも日々、増加中。
好きなワイン さらっとしてるのに味わい深い白。ペティアン。
好きなつまみ チーズ、桃の実のピクルス

よく見られているコラム

▲ TOP