スタイリスト駒井京子(364主宰)の 「ワインのある生活を豊かにするモノあれこれ」♯004 | Wine365

Article Wine 365

2. August 2017

スタイリスト駒井京子(364主宰)の 「ワインのある生活を豊かにするモノあれこれ」♯004

夏の食道具:これさえあれば

 

 

 

今年も夏がやってきました。
毎日暑くて、食欲もおちぎみです。
でも少しでも食べないと、体力勝負ですから
夏を乗り切れません。
これさえあれば、色々とごはんづくりもがんばれる。と思う食の道具。
毎日リピートしているメニューに欠かせないものです。

 

 

 

 

陶板おろし。
下の写真は私が10年使っている物です。
この陶器のすりおろしを作るのは益子在住の原泰弘さん。
原さんは日常の器の他、すり鉢やスクイーザー、ロートなどの
調理道具を作っています。
今でも昔ながらの轆轤のひき方、焼成方法を守り抜いています。
薪窯で焼かれる陶板おろしの風貌は少しだけ凛々しく、
使い込むほど面持ちの良さも感じます。
台所にひとつ、陶器の道具ものがあるだけで
優しく場を和ませてくれるのです。

 

 

 

 

陶板に目立てされている刃は
ご自身で手作りした目立て用の道具を
熟練の塩梅で立ち上げていきます。
金物とは違い、手のあたりも良いのですが、
案外、なんでもすりおろし出来るのです。
金属ではない良さが、使う側にも食材にもとっても優しいです。
この暑さで食欲が無い時にでも
サッと取り出し、ゴリゴリとすりおろし、
ぱっぱ、と振りかけたり添えるだけで、おいしい一品に。

 

 


 

ワインの一品にも、これさえあればおいしいつまみ、
出来そうですよね。

 


 

 

364
原泰弘 陶板おろし
大 1,620円
小 1,404円

問い合わせ:西荻窪364(03-5856-8065)

駒井京子

食と暮らしまわりのスタイリスト

食と暮らしまわりのスタイリスト。雑誌や書籍、その他広告等、幅広い分野で活躍中。東京・西荻窪にある、日々の食と道具のお店364を主宰。
http://www.sanrokuyon.com

好きなワイン:白ワイン。微発泡系からキリッとしたもの、ふくよかなもの、つくり手を感じるものが好きです。
好きなつまみ:グリーンレーズン、コンテチーズ、あといろいろ。

よく見られているコラム

▲ TOP