岩崎牧子のおいしい器#9 | Wine365

Article Wine 365

30. August 2017

岩崎牧子のおいしい器#9

 

9 黒川登紀子さんのガラスプレート×梨のコンポート

 

香川県高松市のglass bee studioというガラス工房で製作をしている
黒川登紀子さんのガラスプレート。
マウスブロー(吹きガラス)で作られるため、1点1点のフォルムが異なり、
持ったときに手になじむまろやかな肌なじみがやさしいのです。
ガラスならではのなめらかさがあって、柔らかい表情が見えるんですよ。

この色合いも好み。
何ともいえない淡いブルーグレーの色合いが、夏の涼しさを感じさせてくれるので
冷たいデザートをのせたくなりました。
やさしい色の料理で、さわやかなしゅわしゅわとしたシャンパンでも飲みたいなー。
そんなリクエストをしたところ、平野さんが作ってくれたのは和梨のコンポート。
「ガラスの質感に合わせて、透明感のあるものがいいなと思いました。
梨の色もブルーグレーの器に調和します」

シャインマスカットなど、あわいグリーンのフルーツも素敵に映えそうです。

 

お問い合わせ先
doinel   http://doinel.net/about  
     03-3470-5007 

 

Photo:Takeharu Hioki  Cooking:Yukiko Hirano

岩﨑牧子

フード&インテリアスタイリスト

フード&インテリアスタイリスト。独自のセンスが光るもの選びとスタイリングで、雑誌や書籍、広告などで活躍中。器好きで、自宅のコレクションも日々、増加中。
好きなワイン さらっとしてるのに味わい深い白。ペティアン。
好きなつまみ チーズ、桃の実のピクルス

よく見られているコラム

▲ TOP