すき焼き | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

17. November 2016

すき焼き

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-11-00-44

 

赤ワインをたっぷり使った割り下で
低温で火入れをすることで和牛の旨みを引き出す

 

<材料 2人分>
牛すき焼き肉 300g
クレソン 1束
赤玉ねぎ 1/2個
椎茸 4個
しらたき 1袋
焼き豆腐 1/2丁
割り下
 赤ワイン、昆布だし、しょう油、みりん 各100ml
 砂糖(きび砂糖、三温糖など) 大さじ3
粗挽き黒こしょう 適宜

 

<作り方>
1 割り下を作る。鍋に赤ワインを加えてひと煮立ちさせ、その他の材料を加えてひと煮立ちさせる。
2 クレソンはざく切り、赤玉ねぎは1㎝幅の輪切りにする。椎茸は石突きを取り、半分に切る。しらたきは下ゆでしてざく切りにする。焼き豆腐は食べやすく切る。
3 鍋に1の割り下を入れて60〜70℃に温めて肉を入れ、色が変わってきたところで引き上げて食べる。好みで粗挽き黒こしょうをふる。溶き卵をつけてもよいが、ワインとの相性を考えると、つけない方がおすすめ。
4 野菜、豆腐も適宜加えながら煮、火の通ったものから食べる。煮詰まってきた場合には昆布だしを加えて調整する。

 

33320_g12

合わせたいwine
シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー

シャトー・メルシャンのフラッグシップワイン「桔梗ヶ原メルロー」。いま、日本ワインがブームと言われていますが、その原点でもあるワインです。力強い濃厚さではなく、日本らしさ、フィネスを大切にした味わい。熟したブラックベリーやクローブのような複雑な香り、豊潤な果実味をたたえた日本を代表するワインであり続けてきた風格があります。上質な和牛を低温で火入れしたすき焼きや、和牛ヒレ肉のローストなど、ごちそうとともに特別な日に味わいたい1本。
問い合わせ先:メルシャンお客様相談室 0120-676-757

 

s_20161117011-197x197
平野由希子の新刊  11月17日発売 
「いま飲むべき日本ワイン」(エイ出版社)

北海道から九州まで300近くあるといわれるワイナリーの中から、いまの日本ワインの楽しさを知ってもらえればと、30のワインを選び、それぞれのワインのためのレシピを作りました。日々、悩み抜いて作った渾身の1冊です。日本ワイン好きの方にも、そうでない方にも、ぜひ手にとっていただければうれしいです。
詳細はこちらから

よく見られているレシピ

▲ TOP