ゆり根のブルーチーズクリーム煮 | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

16. January 2017

ゆり根のブルーチーズクリーム煮

やわらかく煮たゆり根を
温かいチーズソースで

 

<材料 2人分>
ゆり根 1個
生クリーム 100ml
ブルーチーズ(ロックフォール、ゴルゴンゾーラなど) 30g
塩、オリーブオイル、粗挽き黒こしょう 各適量

 

<作り方>
1 ゆり根は1枚ずつはがし、茶色くなっているところは包丁で削る。
2 塩を加えた沸騰した湯にゆり根を加え、2〜3分やわらかくなるまでゆで、ざるにあげる。
3 小鍋に生クリームを入れて中弱火にかけ、沸騰してきたら、ブルーチーズをほぐし入れ、2を加える。器に盛り、オリーブオイルと粗挽き黒こしょうをかける。

合わせたい Wine

合わせたい Wine

ゲヴュルツトラミネール・シニャチュール ミューレ

商品番号:365-61

このワインに合う料理
黒豆入りのさつまいもマッシュ
ゆり根のブルーチーズクリーム煮

 

ワインを購入いただいた方にはワインに合う料理のレシピカードがセットで送られます。

365_recipecard

 

ミューレ社は1648年から続く歴史あるワインの生産者で現在の当主は12代目になります。ゲヴュルツトラミネールというぶどう品種が最も有名なワイン産地はフランス・アルザス地方ですが、原産地は南チロル地方のトラミン村(Tramin、現在では北イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ州に属する)になります。また、ゲヴュルツとはドイツ語でスパイスを意味する言葉。つまりトラミン村のスパイシーなぶどうというのが品種名の語源になるそうです。近世になってからドイツを経由してフランスのアルザス地方に持ち込まれ、今ではアルザス地方を代表するぶどう品種となっています。もちろんイタリアでも少量ですが栽培されています。ゲヴュルツトラミネールのワインの特徴は何と言っても強い香りです。ライチの香り、バラの香りと表現されます。ブルーチーズを使った料理やアジアンテイストの料理とも相性がよいです。(Wine365セレクター田中常博)


ライチやバラの香りの辛口白ワイン
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・アルザス
ぶどう品種:ゲヴュルツトラミネール
ヴィンテージ:2014
内容量:750ml

 

販売価格 2,660 円(税別)

数量

よく見られているレシピ

▲ TOP