春キャベツと豚肉のマスタード風味 | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

20. March 2017

春キャベツと豚肉のマスタード風味

春キャベツを味わう軽やかな煮込み
野菜の甘みを引き立てるワインをチョイスして

 

<材料 2人分>
キャベツ 1/4個
豚バラ薄切り肉 150g
白ワイン 大さじ2
粒マスタード 大さじ1
バター 小さじ1
塩 小さじ1/2+適量
こしょう 適量

 

<作り方>
1 キャベツは手でちぎる。豚肉は3等分長さにし、塩小さじ1/2をふる。
2 鍋にキャベツの1/3量を入れ、その上に豚肉の半量を入れる。キャベツの1/3量、残りの豚肉、残りのキャベツの順に重ねる。
3 白ワイン、水50mlを加えて蓋をし、弱火で15分煮る。
4 粒マスタード、バター、塩、こしょうを加えて混ぜる。

 

 

合わせたい Wine

合わせたい Wine

アルザス・シニャチュール・ミューレ

商品番号:365-91

このワインに合う料理
春キャベツと豚肉のマスタード風味
ほたて貝柱とホワイトアスパラガスの炊き込みご飯
ホワイトアスパラガス 目玉焼きのせ

 

ワインを購入いただいた方にはワインに合う料理のレシピカードがセットで送られます。

1リットルの瓶にスクリューキャップを採用した気軽でお得なドライな白ワイン。ピノ・ブラン、シルヴァネール、リースリング、ピノ・グリの4種類のぶどう品種をブレンドしてつくられています。アルザス地方のワインのほとんどがモノ・セパージュ(単一のぶどう品種)でつくられるのですが、このワインのように複数のぶどう品種をブレンドするワインも量は少ないですがつくられています。個性の違うぶどう品種を塩梅よくブレンドする事で単一品種とは違い、複雑でありながらカジュアルな感じもある、バランスのよいワインになっています。また、複数品種をブレンドすることで、ぶどう品種の個性ではなく、ルファック地区の冷涼ながら温かみを感じるワインを表現しています。アルザス地方はフランスの北東部に位置し、ドイツやスイスとの国境にも近い場所になります。フランスの中でもとりわけグルメな地域としても有名です。生産者ミューレは1648年から続く歴史あるワインメーカーで、現在の当主は12代目になります。(Wine365セレクター田中常博)


バランスのとれた味わいの白ワイン
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・アルザス
ぶどう品種:ピノ・ブラン、シルヴァネール、リースリング、ピノ・グリ
ヴィンテージ:2013
内容量:1000ml

販売価格 2,280 円(税別)

数量

よく見られているレシピ

▲ TOP