そら豆のペコリーノチーズ焼き | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

15. May 2017

そら豆のペコリーノチーズ焼き

薄いチーズの衣をまとわせてフライパン焼き
外はカリッと中はふんわり

 

<材料 2人分>
そら豆 5さや
A ペコリーノチーズのすりおろし 大さじ2
    薄力粉 大さじ2
    水 大さじ2 
    塩 少々
オリーブオイル 大さじ2〜3
タイム 適量

 

<作り方>
1 そら豆はさやから出し、薄皮をむく。
2 フライパンにオリーブオイルとタイムを熱し、そら豆にAを混ぜ合わせた衣をくぐらせ、表面にうっすらと焼き色がつくくらいまで焼く。

 

おすすめ食材
ペコリーノロマーノ

パルミジャーノチーズでも代用できますが、やっぱりこの料理はペコリーノチーズの風味がよく合います。少し塩気のある羊のチーズ、ペコリーノはそのまま食べても、パスタにも。常備しておきたいチーズです。

 

 

合わせたい Wine

合わせたい Wine

シャルドネ・ペイ・ドック ドメーヌ・クードレ

商品番号:365-116

このワインに合う料理
そら豆のペコリーノチーズ焼き
アスパラガスの昆布じめ

 

 

ワインを購入いただいた方にはワインに合う料理のレシピカードがセットで送られます。

365_recipecard

シャルドネ種は世界各国で栽培・醸造されており白ワイン用のぶどう品種で最も有名といえるでしょう。シャルドネは生産される地域やその気候条件によって様々な表情・スタイルを持っています。暖かな南フランスでつくられた、このシャルドネ種の白ワインは、熟した柑橘の香りで酸味に角がなく舌触りもジューシーです。1840年から家族代々引き継がれてきた歴史のあるドメーヌ・クードレ社。現在は6代目のピエール・アンドレ・オルナック氏とその息子ギヨーム氏が経営にあたっています。ぶどう栽培方法はリュットレゾネと言われる減農薬農法を採用しています。高級な味わいを低価格に提供するため、クードレ社ではあえて完全なオーガニックでの栽培を行っていません。オーガニック栽培によるリスクや経費高騰を抑え、コストパフォーマンスにすぐれたワインをつくっています。オーガニックやビオとは表示できませんが、飲んでいただければ工業的な大量生産ではなく、丁寧につくられた農産物であることは分かっていただけると思います。(Wine365セレクター田中常博)


酸味に角がなく、ジューシーな飲み口

種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・ラングドック
ぶどう品種:シャルドネ
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

販売価格 1,710 円(税別)

数量

よく見られているレシピ

▲ TOP