アボカドとキヌア、小海老のグラタン | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

25. May 2017

アボカドとキヌア、小海老のグラタン

アボカドのクリーミーさに
キヌアのプチプチ感がポイント

 

<材料 2人分>
アボカド 1個
キヌア 大さじ3
小海老 6尾
マヨネーズ、しょうゆ 各小さじ2
チーズ(エメンタールなどのナチュラルチーズ またはシュレッドチーズ) 適量
塩、こしょう 各適量

 

<作り方>
1 アボカドは縦半分に切り、種を取る。果肉は皮からスプーンなどでくり抜く。アボカドの皮は器にするのでとっておく。小海老は背わたを取る。
2 小鍋に湯を沸かし、さっと水洗いしたキヌアを入れて湯の表面が揺れる程度の火加減で煮崩れに注意しながら10分ゆでる。ざるにあげて水気を切り、粗熱を取る。
3 アボカドの果肉をフォークなどでつぶし、2を加える。マヨネーズ、しょうゆ、塩、こしょうで調味する。
4 アボカドの皮に3を詰めてチーズをのせ、オーブントースターまたは200℃のオーブンで12〜15分焼く。

合わせたい Wine

合わせたい Wine

オーバー・ザ・レインボー・シャルドネ

商品番号:365-101

このワインに合う料理
クミン風味の鶏唐揚げ
アボカドとキヌア、小海老のグラタン

 

ワインを購入いただいた方にはワインに合う料理のレシピカードがセットで送られます。

ニュージーランドで活躍するキムラセラーズ の木村滋久氏が、2015年ヴィンテージをオーストラリア・カウラにあるウインダウリー エステートにて過ごし、醸造・ブレンドに携わり仕上がったワイン。絵本作家の谷口 智則さんがラベルを作成しました。オーストラリア・ニュージーランド・日本が虹の架け橋によって繋がり、出来上がったワイン。それが「オーバー・ザ・レインボー」です!樽熟成させずに醸造されたシャルドネは柑橘系、花、アプリコットや桃のような核果のある果物のアロマを漂わせます。味わうと洋梨や白桃が表れて混ざり合い、複雑味のある余韻と共に楽しめます。5%ほどブレンドされたソーヴィニヨン・ブランがシャルドネと調和しています。(Wine365セレクター唄淳二)


複雑な余韻を感じられる白ワイン
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:オーストラリア・カウラ
ぶどう品種:シャルドネ95%、ソーヴィニヨン・ブラン5%
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

販売価格 2,380 円(税別)

数量

よく見られているレシピ

▲ TOP