オイルサーディンと薬味野菜のスパゲッティ | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

10. August 2017

オイルサーディンと薬味野菜のスパゲッティ

みょうがや青じそをたっぷりと
思いついた時に作れるおつまみパスタ

 

<材料 2人分>
スパゲッティ 160g
オイルサーディン(缶詰) 1缶
にんにく 1片
みょうが 2本
青じそ 5枚
オリーブオイル 大さじ2
塩、こしょう、しょうゆ 各少々

 

<作り方>
1 にんにくは半分に切って芽を取り、みじん切りにする。みょうがは小口切り、青じそは千切りにする。スパゲッティは塩を加えた湯でゆでる。
2 フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、薄く色づいてきたら、オイルサーディンを加えて、少し崩すようにして温める。鍋肌にしょうゆを加えて香りを出す。
3 ゆであがったスパゲッティを加え混ぜ、みょうが、ゆで汁適量、塩、こしょうで味をととのえ、器に盛り、青じそをのせる。

 

 

合わせたい Wine

合わせたい Wine

白ワインセット4

商品番号:365-set24

★お買い上げ20,000円で送料無料

 

このワインセットに合う料理
もろきゅう 2種のソース
オイルサーディンと薬味野菜のスパゲッティ

 

ワインを購入いただいた方にはワインに合う料理のレシピカードが送られます。

365_recipecard

ビオ・ラ・ピエーヴェ・ビアンコ ラ・ピエーヴェ

 

イタリア、トスカーナの白ワイン「ビオ・ラ・ピエーヴェ・ビアンコ」はヴェルメンティーノという、ティレニア海(イタリアの西側に面した地中海の一部)側とサルデーニャ島を原産地に持つ産地の個性か、ちょっと塩味(えんみ)を持つ品種を使った白ワインです。割合としっかりとした構成を持っていて、幅広い料理に合わせやすいのですが、野菜特有の滋味にとってもマッチします。元々はオリーブオイルをつくっている農家さんがつくったワインなので、ちょっといいオリーブオイル(さらっとしたタイプがいいですね。でも香りのよいもの)を使っていただけば、パスタの食感とオイルの香りを延々と楽しめる組み合わせだと思いいます。もしワインが残ったらパルミジャーノのようなハードタイプのチーズをアテにしてみてくださいね。(Wine365セレクター安部裕道)

 

若干の苦みがある辛口白ワイン
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:イタリア・トスカーナ
ぶどう品種:ヴェルメンティーノ60%、ヴェルディッキオ30%、ソーヴィニョン・ブラン10%
栽培方法:ビオロジック
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml


ガヴィ・マセーラ ステファノ・マッソーネ

 

イタリアでは有名無名(笑)、さまざまな品種のぶどうからワインがつくられています。ワイン自体は全国20州あるうち、全ての州でつくられているので、そりゃあ土地や風土、よく食べられているものによっても合わせやすいワインも違ってくるでしょう。もちろん、土着のものもあれば、貴族がお好みのものを植えさせたという歴史もあります。最近(と言っても80年代からは国際品種(いわゆるカベルネ・ソーヴィニョンやメルロー、シラー、シャルドネ等)も積極的に植えられ、覚えるのが難しいのでイタリアワイン飲まない!という方もいらっしゃいますし、いろいろあって面白い!と、少しずつイタリアワインを試していらっしゃいます。この「ガヴィ」というワインもイタリアの白ワインとしては有名(その中でも一番有名なのは「ガヴィ・ディ・ガヴィ」)ではあるのですが、品種は?となるとご存知の方は少ないようです。
ガヴィのワインはイタリア北部、バローロやバルバレスコと言った長熟タイプの赤ワインで有名なピエモンテ州産の白ワインで、コルテーゼという品種からつくられています。この品種はピエモンテ州が原産で、いわゆる土着品種ですね。つくり手のステファノ・マッソーネはこの土地でガヴィだけをつくっている、いわばガヴィのスペシャリスト。ぶどうもコルテーゼしか植えていない硬派な生産者です。色は緑がかった麦わら色。ベビーリーフを使ったサラダや葉野菜にとってもよく合います。樽を使っていないので酸もとっても豊かです。ついつい飲み過ぎてしまいますが、たくさん飲める方はお構いなくグビグビいっちゃってくださいね(笑)(Wine365セレクター安部裕道)

 

すっきりミネラル感あふれる白ワイン
種類:白
ライト ★★☆☆☆ 重め
産地:イタリア・ピエモンテ州ガヴィ
ぶどう品種:コルテーゼ
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2013
内容量:750ml


クリフォード・ベイ・マールボロ・ソーヴィニョン・ブラン

 

マールボロ地区のマールボロという産地は平坦な谷合い、河川、でこぼこした丘と山々が広がり区画された多様な地形の地域で、ニュージーランドで最も大きなワイン産地です。年間に2400時間という最も日照量が多く乾燥した地域でもあります。1日の平均積算温度は180℃という昼夜の温度差が激しい気候が、ワインにきらびやかな果実味、細い酸と華やかさを与えます。ぶどうはマールボロに位置する自社畑と契約農家の畑のもので、冷涼なアワテレ・ヴァレーとその北に位置するワイラウ・ヴァレーという2つの地域にあります。すべての畑はサステイナブル管理され、ニュージーランド・ぶどう生産者協会公認です。(Wine365セレクター唄淳二)

 

トロピカルなグレープフルーツやパッションフルーツの香り
種類:白
ライト ★☆☆☆☆ 重め
産地:ニュージーランド マールボロ
ぶどう品種:ソーヴィニョン・ブラン
栽培方法:低農薬
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml


販売価格 5,060 円(税別)

数量

よく見られているレシピ

▲ TOP