ステーキ&いちじくソース | Wine365

料理研究家 平野由希子のDay's Recipe

料理研究家 平野由希子

11. August 2017

ステーキ&いちじくソース

夏こそ食べたいステーキ。焼きっぱなしで塩、こしょうでいただくのもいいのですが、時にはソースに腕まくり。いちじくを使ったソースを添えてみました。バルサミコ酢や赤ワインを煮詰めた味わいが焼いたいちじくと出会って、甘みと酸味、コクのある味わいに。週末のごちそうに、おいしい赤ワインを開けてどうぞ。
※赤ワインセット8を購入された方にレシピカードをお届けします。

合わせたい Wine

合わせたい Wine

赤ワインセット8

商品番号:365-set39

シエラ・デ・トローニョ DOCa リオハ シエラ・デ・トローニョ

 

このワインの味わいでスペインワインに開眼してほしい。絶対おいしいです。テンプラニーリョながらもピノ・ノワールのようなエレガント。凝縮感があり、しょうゆだしなどにもマッチすると思います。このシエラ・デ・トローニョというワインは、リオハ出身の女性醸造家であるサンドラ・ブラーヴォさんが若干30歳で立ち上げた小さなボデガで、ファーストリリースは2011年という新しいつくり手です。フミーリャのヴィーニャ・セロンを訪問した時に「これを飲んでみなよ」とおススメされたのがきっかけで、セロンも「生きたワイン」と表現する全く新しいタイプのリオハワインです。ほとんどの工程をサンドラが1人でこなす(さらに手作業!)というこだわりっぷりで、もちろん量はつくれませんがその分とってもきれいな味わいに仕上がります。個人的に、このワインが10年後、リオハワインを牽引していくのではないかな~というのは言い過ぎかも知れませんが、「濃い」ワインが主流だった従来のスペインワイン界において、このエレガントさは至宝と呼ばずにはいられない自分がいますので、いつでもいつまでも応援したいボデガであり、ワインであります。一緒に歴史を見届けましょう。そこまで高くない今のうちからぜひ!(Wine365セレクター安部裕道)

 

エレガントで深い味わいの辛口
種類:赤
ライト ★★★★☆ 重め
産地:スペイン・リオハ
ぶどう品種:テンプラニーリョ100%
栽培方法:ビオディナミ
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2014
内容量:750ml


ペピック・ピノノワール

 

タスマニアの父と呼ばれる、ジョセフ・クローミーが手がけたこのワインは赤褐色、甘味と酸味を備えたチェリーとチョコレート・オークのニュアンス。柔らかく、バランスのとれたレッドチェリーがタンニンやスパイスのトーンと一緒に口中に広がります。100%自社畑のピノノワール。手摘みによって選りすぐられたピノ種の房は醗酵に入る前にやさしく柄を取り除く。開放槽でゆっくりかき混ぜる事で空気を循環させるのですが、この技術によって鮮やかな新鮮さを個性とする果実の特徴を表現させます。フレンチオークで軽めの醗酵を促すことで果実味以上の特徴を持たせます。(Wine365セレクター唄淳二)

 

果実味豊かなエレガントな味わい
種類:赤
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:オーストラリア・タスマニア
ぶどう品種:ピノ・ノワール
醸造方法:低農薬
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml


ザ・ミル・メルロー ウインダウリー エステート

 

このワインのぶどうは、ウインダウリーエステートの畑で最も古い木々から収穫されています。複雑さとしっかりとした骨格を作るために80%のワインは果皮を分けずに、1〜3年落ちのアメリカンオークにて熟成を行います。チェリー、マルベリー、ラズベリーのアロマにやや土っぽさも感じられ、メルロの特徴が美しく表れたワインです。芳醇な甘いベリーの味わいにソフトなタンニンが心地よく、なめらかな余韻が感じられます。イタリアンやスパニッシュとの相性は抜群。(Wine365セレクター唄淳二)

 

ベリーの凝縮感とソフトなタンニンのミディアムボディ
種類:赤
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:オーストラリア・ニューサウスウェールズ州カウラ
ぶどう品種:メルロ
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 


販売価格 7,000 円(税別)

数量

よく見られているレシピ

▲ TOP