ワインバー「アヒルストア」店主 齊藤輝彦の「冬の休日に傍らにあってほしい」ワインセット | Wine365

各界で活躍する人々が選ぶ限定ワインセット Selector's Wine

齊藤輝彦

ワインバー「アヒルストア」店主

5. January 2017

ワインバー「アヒルストア」店主 齊藤輝彦の「冬の休日に傍らにあってほしい」ワインセット

商品番号:365-set10

販売価格 10,500円(税別)free_shipping


リースリング・フースロック ジェラール・シュレール・エ・フィス 

ドライで高貴なアルザスワイン

種類:白
産地:フランス・アルザス
ぶどう品種:リースリング100%
ヴィンテージ:2013
内容量:750ml

 

 

ボジョレー・ヴィラージュ・ラ・タンタシオン ジャン・クロード・ラパリュ

みずみずしいチャーミングな味わい
種類:赤
産地:フランス・ブルゴーニュ
ぶどう品種:ガメイ100%
ヴィンテージ:2013
内容量:750ml

 

 

カリュックス ジェローム・ソリニー 

すいすい飲める飲み心地のよさ
種類:赤
産地:フランス・ロワール
ぶどう品種:カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
ヴィンテージ:2014
内容量:750ml


販売価格 10,500 円(税別) 送料無料

数量

齊藤輝彦の「冬の休日に傍らにあってほしい」ワインセット
久しぶりに予定のない冬の寒い休日。日がな一日のんびりと、料理本なんか読みながら、たまにうたた寝なんかしちゃったりして。一度も外に出ないで部屋でダラダラと過ごす贅沢。そんなときに傍らにあってほしいワインを3本選んでみました。そんな日ないなぁ……完全に妄想です。
今日は寒いし、部屋を暖めながらとりあえず赤ワインでも飲もう。まだ昼すぎだし、軽めがいいな。ラパリュの「ボージョレー」、これ好きなんだよねー。すっぴんな感じだけど天然の色気みたいなものをもってる、ふんわりとした淡い余韻もあって。モーツアルトのレコードなんかかけちゃおうかなぁ……って持ってないか(笑)。それにしても平野由希子さんのレシピ本て、フランス愛に溢れた丁寧な煮込み料理なんかと、ちゃちゃっと和えた居酒屋チックなノンベエ料理が共存してて最高だな。パリジェンヌと下町のオヤジが自然にマリアージュしちゃってる(笑)。……って、もう瓶空だし!!スルスル飲めちゃうな。次どうしよう、少し渋みのあるソリニーの「カリュックス」とかいいかも。あー、ウマい!カベルネなんだけど、このガスが少し残ってる感じがほっこりする。香りも強いな、野趣に富んでてエロティック。なんだかフランスの田舎の香りがする、イメージだけど(笑)。これはロックっぽい音楽が似合いそう、ベタだけどビートルズのリボルバーなんかいいんじゃないかな。……(グゥ)……。あ……寝ちゃってたみたい。(ゴクリ)うん、寝起きのワインてほんと美味しい。ガスもほとんど抜けたし、また印象変わって面白いな。さてさて、DVDでも観るか。今度はゆっくり飲める白ワインにしよう。赤からの白の流れとか好きなんだよね。シュレールの「リースリング・フースロック」。アルザスとか普段あんまり飲まないけど、こんな休みの日に1人でゆっくりリースリングとか贅沢な気がする。しっかし、これだけドライなリースリングってなかなかないよなぁ、めちゃくちゃ酸っぱいし。たしか冷蔵庫にチーズが少しあったような?あぁ、期限切れ……。まぁいっか、チーズだし(笑)。うん、いつも思うけどチーズ食べると途端にワインが甘く感じるの、これほんと不思議なんだよなー。あぁ、リースリングの正しい香りがする、高貴だなぁ。ワインて幸せだなぁ……。(また寝る)

齊藤輝彦

ワインバー「アヒルストア」店主

東京・富ヶ谷のワインバー「アヒルストア」店主。大学卒業後、大手文房具会社、設計事務所、ワインショップなどを経て2008年に妹の和歌子さんと「アヒルストア」をオープン。連日満席の人気店に。
好きなワイン 真摯につくられたナチュラルなワインは全般的に好きです。好みかどうかよりも、シチュエーションにハマることのほうが大事。
好きなつまみ レーズンパン

よく見られているワイン

▲ TOP