5月のセットワイン(送料無料) | Wine365

Set Wine

1. May 2017

5月のセットワイン(送料無料)

商品番号:365-set19

 

5月のワインセットを購入いただいた方には、

レシピカードが送られます。

 

5月セットレシピ
・ホワイトアスパラガスのオランデーズソース
・チキンソテー クミンキャベツ添え

爽やかな季節にふさわしい白&赤のワインセット


風薫る季節。5月においしいものといえば、アスパラガスにそら豆、そして初鰹。そんな食材に合わせたいワインを5本セレクトしました。爽やかな季節には、ミネラル感があって、食材を引き立ててくれるような白、そして、しなやかな赤ワイン。毎日の食卓にも、週末の食事にもふさわしいセットワインです。

 

通常価格 14,100

販売価格 12,000円(税別)free_shipping

 


 

(左から)

 

 

ピノ・グリ シニャチュール ビオ ミューレ

 

ピノ・グリというぶどう品種は複雑なアロマで、スモーキー、草、アプリコット、ハチミツなどを感じます。ピノ・ノワールの突然変異によってできたぶどう品種で、果皮がノワール(黒)ではなくグリ(グレイ)になります。ピノ・グリの面白いところは国によって名前が違うことです。イタリアではピノ・グリージョ、ドイツではグラウ・ブルグンダー(又はルーレンダー)、ハンガリーではスルケバラートと呼ばれます。フランス国内でも違う呼び名があり、ブルゴーニュ地方ではピノ・ブーロと呼ばれています。
(Wine365セレクター田中常博)

 

種類:白
複雑なアロマを楽しめる辛口
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・アルザス
ぶどう品種:ピノ・グリ
栽培方法:ビオロジック
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 


 

ソアーヴェ・タメリーニ 

 

1998年に創設。生産者としての歴史は古く、祖父の代から他の生産者とカンティーナ(ワイナリー)を設立していたため、1930年代から栽培されているぶどうの樹もあり、恵まれた環境でワインづくりをスタートしています。タメリーニの畑はクラシコ地区の丘陵地にあり、高品質なソアヴェをつくるために収穫は全て手摘みで1房ずつチェックを行い、完熟したきれいな房だけをプラスチック製の清潔な容器でカンティーナまで運ぶという徹底した管理のもとにつくられています。アメリカのワイン専門誌、ワインスペクテーターでは「りんごや桃の香りの中にトーストしたオークの洗練した香り。フルボディで様々なフルーツ、そして熟した果実の魅惑的なフィニッシュ、生き生きとした酸味でスタイリッシュ。これはとてもファンタスティックなソアヴェだ!」とコメントされており、高品質ソアヴェのトップ生産者グループの一員としての地位を築いています。麦わら色の外観。フレッシュなフルーツ、白色・黄色系の様々な花等の力強いアロマ。アタックにはフレッシュ感が表れ、豊富かつやわらかな酸とグレープフルーツ、マンゴーなどの果実味。アフターにはアーモンド。アペリティフ~前菜、パスタに最適です。

(Wine365セレクター安部裕道)

 

種類:白
シャクっとリンゴを齧ったかのようなフレッシュな辛口
ライト ★★☆☆☆ 重め
産地:イタリア・ヴェネト ソアーヴェ
ぶどう品種:ガルガネガ
栽培方法:ビオロジック
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 


 

ポペットヘッド・シャルドネ ハンギングロックワイナリー

ビクトリア州マセドン地区にある自社畑ジムジム・ヴィンヤードを含んだ数あるぶどう畑から、すぐれたぶどうを使用しています。造り手のジョン・エリスは冷涼気候でシャルドネをつくる変わり者として知られています。2015年は35℃を超える日がほとんどなく、ほどよく暖かい年でした。果実は十分に熟し、フレンチオークの新樽で12カ月熟成させています。このワインはジューシーなメロンやオークによるバターのような風味があります。酸味、果実味、オークのバランスがとてもよく、しっかりとしたストラクチャーをつくっています。

(Wine365セレクター唄淳二)

 

種類:白
メロンやバターの風味を感じる
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:オーストラリア・ビクトリア マセドン地区
ぶどう品種:シャルドネ
栽培方法:低農薬
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 


 

パイクス・ルッチオ・サンジョべーゼ 

 


ダークチェリーや東アジアのスパイス、土臭さといった典型的な品種特性が見られる香り。ほんのり乾燥したワイルドフラワーの風合いもあります。繊細でドライなタンニン、すっきりした酸がダークチェリーの味わいをしっかりと補っています。タンニンと酸が結合することで余韻の長さを与え、全体のバランスを明確に構成しています。サンジョベーゼはグリルした仔牛、豚やラム肉に合う理想的な品種で、もちろんピザやペコリーノチーズとも合います。数年寝かせて楽しむとより変化を味わえます。このワインは南オーストラリア・クレアヴァレー産自社ぶどうを100%使用し、フレンチの古樽で12ヶ月熟成。「ルッチオ」という名前について説明すると、英語のPike(かます)に対するイタリア語です。ラベルに描かれている魚・かますを英語にすると「Pike」、ファミリー・ネームが創業当時から紋章となっており、ラベルに描かれています。イタリア品種のワインには「Luccio」というイタリア語で表記しています。これは本当に美味しい食事に合うワインです。

(Wine365セレクター唄淳二)

 

種類:赤
タンニンと酸のバランスがとれた赤ワイン
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:南オーストラリア・クレアヴァレー
ぶどう品種:サンジョベーゼ
栽培方法:低農薬
ヴィンテージ:2015
内容量:750ml

 


 

レニエ・グラン・エ・グラニーテ シャルリ・テヴネ

 

酸が強くて味わい薄い・・・というのがガメイという品種の特徴(よくも悪くも)ではあり、10数年前から「和食にはガメイ」と言われつつ一向にブレイクしませんね。ボジョレー・ヌーヴォーの強烈な印象が強いんですよね。実際、ひと昔前の「キャンディー香が強くて酸っぱくて薄い」というボジョレー・ヌーヴォーのイメージが抜けきらない方も多いのに加え、我々ご案内する側もガメイの説明を安易に「ボジョレー・ヌーヴォーと同じ品種です」とお伝えすることが多いのにもその要因があるのかも知れません。しかしながら、以前に比べてガメイのワインの輸入量は増えているような印象を受けます。クリュ・ボジョレー(ボジョレー地方でよい村←抽象的でスミマセンと認められている10の村)のワインが特に多くなったと思います。これらは熟成にも耐え、村の個性が表れた秀逸なワインの一つなのですが、ヌーヴォーブームの弊害を最も受けているエリアかもしれません。さてこちらのワイン、クリュ・ボジョレーのひとつで「レニエ」という村のAOCワインです。品種はもちろんガメイ100%。クリュ・ボジョレーの中では一番早飲みタイプと言われているレニエのワインなのですが、早飲みどころか、長熟タイプ(2007年がファーストヴィンテージで、もう完売してしまっているので試せていませんが・・・)間違いなしです。リリース時には、フレッシュなすっきり系のワインとしての印象があり、ポテンシャルがうかがえる素晴らしいワインです。が、このワインの真骨頂はリリースから最低3年は瓶熟させてから。まるで良質なキャンティ・クラシコのような引き締まった収斂性のあるパワフルなタンニンがぐぐっと感じられるようになってきます。現在のお届けは2012年のキュヴェなので、今、まさに飲み頃に入ったところと言えるのではないでしょうか。

(Wine365セレクター安部裕道)

 

種類:赤
すっと入ってじわっと広がる辛口
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・ブルゴーニュ  ボージョレ
ぶどう品種:ガメイ
栽培方法:ビオロジック
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2012
内容量:750ml

 



通常価格 14,100円


販売価格 12,000 円(税別)

数量

よく見られているセットワイン

▲ TOP