7月のセットワイン(送料無料) | Wine365

Set Wine

30. June 2017

7月のセットワイン(送料無料)

商品番号:365-set45

 

7月のワインセットを購入いただいた方には、
レシピカードが送られます。

7月セットレシピ
・桃の冷製スパゲッティ
・ホースラディッシュ風味のゆで塩豚

夏のナチュラルワインセット

 

白桃やシトラスの香りを運んでくれる泡。そして、シンプルながらにキリッとした酸が特徴の絵に描いたような見事なリースリング。完熟したメロンやレモンを思わせる南仏ルーションのワイン。夏こそしっかり食べたい肉料理に合うようなナチュラルで、飲みごごちのいい赤ワインも一緒にセット。夏の食卓を鮮やかに、そして食が進むような自然派のワインセットです。

 

通常価格 13,850

販売価格 12,000円(税別)free_shipping

 


 

(左から)

ザ・パス・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブラン100%が醸し出す、爽快感、柔らかいハーブ香がしっかり泡に溶け込んでいます。地域の環境を配慮しサステイナブルを実践。ワイラウ地区とアワテレ地区のソーヴィニヨン・ブラン種を集めて醸造します。ワイラウのぶどうがアロマティックな果実味をもたらし、アワテレ地区のぶどうがミネラル感を加える要素となっています。ぶどうはゆっくり圧搾され、果汁に選定された酵母を加え醗酵させます。低温での醗酵を保つためにステンレスタンクによる温度コントロールを行い、果実味の含まれた畑の風合いが感じられるものに仕上げます。9か月澱引きせずに寝かせることで風味豊かでクリーミーな骨格と優しい泡とのバランスを保っています。パッションフルーツや白桃、ブラックカランツの風味を運んでくれるスパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン。軽めの泡感でトロピカルフルーツ、シトラスの風味が広がり、きりっとした余韻で終わります。(Wine365セレクター唄淳二)

 

 

軽めできりっとした余韻を感じるスパークリング
種類:白泡
軽め ★★☆☆☆ 重め
産地:ニュージーランド・マールボロ地区
ぶどう品種:ソーヴィニヨン・ブラン
栽培方法:低農薬
ヴィンテージ:NV
内容量:750ml

 


 

リースリング・キルヒタール・ヴァイングート クレメンス・シュトローブル

 

フレッシュで完熟した柑橘系果実、熟れた桃のような果実味が特徴的。抜栓直後は少しプチプチしている時があります。リースリングらしい酸味が口いっぱいに広がり、余韻はドライです。認証は無いがオーガニックを実践しています。白ワインですが、チキンや豚などの肉を使った料理との相性もよいです。(Wine365セレクター田中常博)

 

フレッシュでドライな白ワイン
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:オーストリア・ニーダーエステライヒ・ヴァーグラム地方
ぶどう品種:リースリング
栽培方法:ビオディナミ
ヴィンテージ:2013
内容量:750ml 

 


 

ロス・フレイレス・モナストレル・ボデガス ロス・フレイレス

○○で有名なヴァレンシア産のワイン。○○には何が入ります?オレンジ?火祭り?実は世界一のマグロの産地としてもスペイン人(ヴァレンシア人ですね)は自信を持っているようで、ヴァレンシアの人を築地にお連れした時に「マグロはヴァレンシアが世界一なんだ」を繰り返していたのを思い出します。このロス・フレイレスは1771年創業と歴史のあるつくり手で、現在はマリア・ホセさんとミゲルさんの姉弟で切り盛りしています。ボデガ(醸造所)と畑は地中海沿岸から80kmほどのフォンタナルス・デルス・アルフォリンスという場所にあるのですが、マリア・ホセさんもミゲルさんもお住まいはヴァレンシアの都市部だそうです。昔は家族で現地に住んでいたのでしょう。お子さんの通学を考えたら都市部のほうが選択としてはよかったようです。ちなみにマリア・ホセさんに代表される(?)ヴァレンシアの女性はとっても気が強く、外から来た男性はタジタジになるそう。そういうので輸入を始めさせられたわけではなく、このボデガのモナストレルはとってもとってもエレガントで、その辺の安いピノ・ノワールと比べても遜色ないクオリティーなのです。そして安い。収量(1ヘクタールあたりの収穫量)もとても少なく、30hl(ブルゴーニュのトップキュヴェ並み)と、大事に手間をかけてワインづくりを行っています。(Wine365セレクター安部裕道)

 

スムーズでエレガントな辛口
種類:赤
軽め ★★☆☆☆ 重め
産地:スペイン・ヴァレンシア
ぶどう品種:モナストレル
栽培方法:ビオディナミ
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2014
内容量:750ml

 


 エル・ティエンポ・ケ・ノス・ウネ・メルロー ヴィーニャ・セロン

スペイン、フミーリャのエリアでつくられるメルロー100%のワインです。スペインでメルローはとても珍しいように思えるのですが、この「ヴィーニャ・セロン」では1950年代から徐々に国際品種(代表的なものはカベルネ・ソーヴィニョンやシャルドネ等)に植え替え、今では世界的にも高評価を得ています。最近では周辺のつくり手が彼らのマネをして国際品種に植え替え始めているそう。話を戻して、ヴィーニャ・セロンは標高900m以上のフエンテ・アラーモ村(某有名旅行ガイドブックにも載っていません。近くにはサッカー選手のイニエスタの故郷アルバセテがあります)で、1800年代後半から山羊のチーズとワインをつくってきた生産者で、現在は4代目で若干28歳のファン・ホセ・セルダン氏がぶどう栽培からワイン醸造、販売までを取り仕切っています。彼の代になってまだ4年目ですが、味わいは劇的に向上し、格付けもVDTカスティージャからDOフミーリャになりました。周りは見渡す限りの高原地帯。強風のため、山の頂には風力発電用の風車が立ち並んでいます。この風と標高のおかげで畑はクリーンに保たれ、植樹以来一度も農薬の類は使ったことが無いそうです。もちろん、農薬を使用することは先祖代々受け継いできた土地にダメージを与えることになってしまうので彼らとしてはこれからも絶対に使用しないと言っていました。味わいはコクがあり、なめらかで、たっぷりとした果実味が感じられます。メルローの個性ともいわれる青いニュアンスはなく、しっかりとした味わい。価格も程よいのでデイリーに活躍してくれるワインなのではないでしょうか。(Wine365セレクター安部裕道)

 

なめらかで果実味のある辛口
種類:赤
軽め ★★★★☆ 重め
産地:スペイン・フミーリャ
ぶどう品種:メルロー
栽培方法:ビオディナミ
醸造方法:天然酵母
ヴィンテージ:2013
内容量:750ml

   


 クール・トゥジュール・コート・デュ・ルーション ドメーヌ・デュ・ポッシブル

 完熟した柑橘や若いメロンを思わせる香りに、丸みのある酸味が特徴的な白ワイン。ボトリングの時に澱を取り除くためのフィルターを使用していないので液体は少し濁っています。日本のだしに通じる旨みのあるワインです。このワインの産地は南フランス・ルーション地区。スペイン国境にもほど近いランサックという町に醸造所があります。標高が高い所に畑があるので酸味がきれいです。(Wine365セレクター田中常博)

 

丸みのある酸味と旨みのある辛口
種類:白
ライト ★★★☆☆ 重め
産地:フランス・ルーション
ぶどう品種:マカブー60%、グルナッシュ・グリ40%
栽培方法:ビオロジック
醸造方法:天然酵母、酸化防止剤無添加
ヴィンテージ:2014
内容量:750ml

 

 

通常価格 13,850円


販売価格 12,000 円(税別)

数量

よく見られているセットワイン

▲ TOP